喜多村の年表

西暦和暦出来事
1779安永8年己亥藩、嶋崎および水無月神社から喜多村南谷、渕崎からイヲンボ・砥石崎・鼬崎・匂崎へ向けて、「火矢打」の稽古を行う
1846弘化3年丙午藩、嶋崎および水無月神社から喜多村南谷、渕崎からイヲンボ・砥石崎・鼬崎・匂崎へ向けて、「火矢打」の稽古を行う
1846弘化3年丙午 ○由良村出身の蘭方医新宮涼庭、喜多村の建部地先において海面を埋め立て、新田開発に着手する 文久元年2町4反余りの耕地造成、その地名は「新宮」と名付けられる
1894明治27年甲午926四所村字新宮を廃し同村大字喜多及び同下福井に分属
1931昭和6年辛未2四所村字喜多、区民の節約協定書を定める
1936昭和11年丙子11舞鶴町、日出紡織株式会社(のち大和紡績(株))人絹工場誘致用地(舞鶴町字喜多)埋立工事着工
1938昭和13年戊寅34日出紡織(株)舞鶴第1工場(舞鶴町字喜多)操業開始
1941昭和16年辛巳41日出紡織(株)、企業統合により大和紡績株式会社となり、喜多工場を舞鶴人絹工場、高野工場を舞鶴第二工場と改称
1942昭和17年壬午81舞鶴海軍工廠、大和紡績(株)舞鶴人絹工場を借り上げ同廠喜多工場とし木造船を製造する
1944昭和19年甲申11舞鶴第一中学校4年生、舞鶴海軍工廠造船部喜多分工場へ勤労動員学徒として出動
「舞鶴市史年表」より

関連する歴史の人物

関連する人物はいません。